PROFILE

 

寺田ユースケ

1990年 愛知県生まれ。関西学院大学 社会学部卒

生まれつきの脳性マヒがあり、足が不自由のため車イスを使って生活している。19歳までは、足を引きづりながら生活しており性格も内気であった。20歳のとき、車イスに乗ることを決意する。すると、車イスに乗ったことによって、どこにでも行けるようになり、性格も前向きになる。寺田にとって車イスはまるで「かぼちゃの馬車」のようであった。

大学在学中にイギリスに単身で1年間留学する。在学中によしもと大阪NSC36期生となる。大学卒業後に上京するも、お笑い芸人を挫折。 その後、まだ人と話す仕事がしたいと考えていた矢先に、これからのロボットが人間に変わって仕事をしていくであろう時代において、ひと対ひとの究極の接客業と呼ばれるホストという職業に社会的意義を持たせ、社会から必要とさせる仕事にしようと奮闘している手塚マキに感銘を受け、歌舞伎町ホストクラブ Smappa!Group「APiTS」で『お酒の飲めない。終電で帰る。車イスホスト クララ』として働く。 その後、車イスの自分を受け入れてくれた仲間たちに恩返しをするために、同社のオフィスで働く。

そして2017年4月から、車イスで生活している自身の経験から、『気軽に「助けて」と言えて、「後押し」ができる世の中を作りたい!』というコンセプトのHELP×PUSHで、HELPUSHの活動を開始。 HELPUSH普及委員会を設立し、道行く方々に「ちょっと車イスを押してください!」と声をかけ旅をする車イスヒッチハイクで日本全国を駆け回る。 さらに、渋谷のラジオにて、性別、年齢、国籍、障がい問わず全部笑い飛ばしちゃえ!がコンセプトの「1億総笑える部」(毎月第1日曜21:00〜22:00)にてパーソナリティを務める。